project

package

client : 最後かもしれない商店 /

島の生産現場が抱える問題を、前向きに伝えるブランドづくり。

壱岐の柚子加工商品を中心に「壱岐のいいもの」を
広めていくプロジェクトのネーミング、パッケージデザイン、
プロジェクトのフレーム設計などをお手伝いしています。

福岡から壱岐島にIターンした豊永レイコさんによるプロジェクトです。

まずはゆず加工品の3商品からスタート。
ゆずの加工所で働く人は、平均年齢77歳!
毎年「これが最後ばい」と言いつつ元気に作られているという品々です。

「最後かもしれない商店」では、ゆず加工品に始まり、
その名の通り、
高齢化や人口減少で生産継続が難しくなっているものを中心に
壱岐島の製品を紹介していきます。

 

ウェブデザインはいつもすてきに仕上げてくださるy2さんです。

 

最後かもしれない商店
credit
art direction / design
羽山 潤一(DEJIMAGRAPH)
creative direction / copy work
村川マルチノ佑子
planning
村川マルチノ佑子
client
豊永レイコ

web site

2017 . Apr . 29

OTHER PROJECT