2016.12.25

長崎県美術館_冬のアトリエ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-19-34-55

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-19-35-07

長崎県美術館さんの「冬のアトリエ」フライヤー制作をお手伝いしました。
冬は、何かを黙々と作るのにとてもいい季節だとおもいます。

二日間かけてじっくりガチンコで挑む「テンペラ画入門」。
親子で楽しめそうなオリジナルレターセットづくり。
みたら「ああ、あれね!」のエングレーヴィング・・・。

美術館の作品を模写するという企画もあります。
ヨーロッパの著名な美術館へ行くと、イーゼルを持ち込んで名画を模写している人を見かけることが多いです。
初めて見たときは「これが普通の国だから、芸術が発展するのかなぁ」などと思ったものです。

厳重に管理された美術品をガラス越しに見ることが多いので
絵をダイレクトに、じっくりと見ることができる環境にちょっとびっくりしたのを思い出します。

長崎県美術館さんは、企画展の内容や、こうした取り組みの素敵さでは
全国でも屈指なのではないか?と個人的に思っています。

2017年の企画も既に予定が出ていますが、どれも楽しみです。

other posts