7/21(土)第4回デジ勉を開催します

第4回デジ勉のお知らせです。

今回は建築家の百枝優さんをゲストに迎え
「お店を作ろう」をテーマにお送りします。

百枝さんといえば、コンセプトのある建築の人、と私たちは思っています。
説明がなくても、デザインの軸となる思想やモチーフを感じることができるお仕事。
建物自体がお客様を呼んでいるなぁと思います。

リニューアルや新築と聞いて楽しみに行っても、
どこかでみたことがあるデザインでがっかりすることも多い中、
百枝さんの設計は図面の段階から毎回ワクワクします。


撮影:針金建築写真事務所


撮影:Techni Staff


撮影:Techni Staff


撮影:Techni Staff

そのお仕事はクライアントさんはもちろん国内外で評価されていて
建築界隈にいない私たちもわかるご活躍ぶりです。

百枝さんとはブランディングの仕事でご一緒していて
これまで複数の案件でチームで動いて来ました。

クライアントさんの配慮の元、早い段階で顔合わせし、
コンセプトメイキングの段階から協働し
クリエーティブのテーマを共有することで
店舗のデザインと、弊社で作るソフトのコンテンツも調和がとれ、
一体感のあるブランドができています。
結果、多くの方に訪れていただける場所づくりができていると思います。

今回は、一緒に取り組んだ店舗ブランディングを題材に
全体の流れがわかるプロセス、
どのようなやりとりがあったのかや、どこがポイントだったのかを
両方の立場でまとめ、振り返って行きます。

もちろん、百枝さんが手がけている話題のお店や建築についても
じっくりお話を伺う時間もあります。

小さな個人のお店から、企業が運営する施設まで、
複数の事例をご紹介いただく予定です。

以前、ブック船長で一緒にワークショップを開催させていただいたことがありますが
百枝さんの話はとてもわかりやすいので
私たちもわかりやすくまとめなければ・・・と思っているところです。

お店を作りたい方、リニューアルしたい方、
規模を問わずにお役に立てる内容ではないかと思います。

また、建築家と協働したいADさんやデザイナーさんにもオススメです。

第4回 デジ勉「お店を作ろう」

とき:721日(土)14:0017:00(13:30オープン)

ところ:長崎県美術館 2F ホール

ゲスト:百枝優建築設計事務所 百枝優さん

定員:90名(受付完了先着)

参加費:
パートナー社  1000
学生     1000
一般     5000
パートナー社とは、デジマグラフと受発注の実績がある企業様、個人様です。
※原則、事前のお振込とさせていただきます。お振込を持って受付完了とさせていただきます。[手数料はご負担ください]

◉フライヤーのダウンロードはこちら◉
デジ勉_第4回_A4_120

お申し込み方法

>>>step1

①お名前
②人数
③所属
④連絡が取りやすいお電話番号
⑤お振込いただく(いただいた)金額と名義
(やむを得ない事情で当日のお支払いを希望される方はその旨ご記載ください)

以上、①〜⑤をメールタイトル「第4回 デジ勉申し込み」とし
info@dejimagraph.com までお知らせください。

 

>>>step2

下記の口座のどちらかにお振込ください。
親和銀行   長崎市役所支店 普通口座 3019672 デジマグラフ(カ
十八銀行   桜町支店 普通口座 1069512 デジマグラフ(カ
※お客様都合のキャンセル返金は致しません。

>>>step3
当日はお気をつけてお越しください。
領収書はご用意いたします。

——————————
ゲストの百枝さんHP
https://www.yumomoeda.com/
——————————-

お知らせ:第3回デジ勉開催します


第3回デジ勉を開催します。

テーマは「パッケージにできること。」

波佐見町からパッケージメーカー(株)岩㟢紙器より
岩㟢大貴さん、岩㟢裕子さんを招いて開催します。
お二人で揃って来ていただけるのはレアだとおもいます。

今回も、事前質問を受けつける他、
人数に限りがありますが先着で講座終了後の懇親会も開催しようかな?と思っています。
(お申し込みいただいた方から順に、参加されるかどうか確認を取っていきます。)

>>第1部はデジマグラフ担当。

パッケージのできるまでを実例に基づいて紹介します。
オリエンから完成までをご紹介する中で

・パッケージデザインを作り出す前にやること
・発注主がデザイナーに声をかけるベストなタイミング
・パッケージを変えることで期待できる効果
・ブランディングの視点から見たパッケージデザイン
・完成後にやっていること

などにも触れたいと思います。
事例は絞って、深めにご紹介します。

>>第2部は岩㟢紙器さんとお送りします。

多くの企業から選ばれるパッケージメーカー。
技術を必要とされるパッケージや、デザイナーとのチームプレーを得意とされています。
また、メーカー初の製品も手がけられています。
これまで積み重ねてこられた経験と、圧倒的な事例数をもとにしたお話を伺いながら
時々事例も見せていただきつつのトーク形式です。

パッケージは、その出来が良ければ
販路を開拓したり、売り場面積を大きく確保することができ、
それ自体が優秀な営業をしてくれることを実感しています。
弊社もパッケージを担当する機会は多いので、岩㟢紙器さんのお話が楽しみです。

第3回 デジ勉「パッケージにできること」

とき:621日(木)14:0017:00

ところ:長崎県美術館 2F ホール

ゲスト:株式会社 岩㟢紙器/岩㟢大貴さん、岩㟢裕子さん

定員:90名(受付完了先着)

参加費:
パートナー社  1000
学生     1000
一般     5000
パートナー社とは、デジマグラフと受発注の関係がある企業様、個人様です。
※原則、事前のお振込とさせていただきます。お振込を持って受付完了とさせていただきます。[手数料はご負担ください]

◉フライヤーのダウンロードはこちら◉
デジ勉_第3回 A4フライヤー

お申し込み方法:

>>>step1

①お名前
②人数
③所属
④連絡が取りやすいお電話番号
⑤お振込いただく(いただいた)金額と名義
(やむを得ない事情で当日のお支払いを希望される方はその旨ご記載ください)

以上、①〜⑤をメールタイトル「第3回 デジ勉申し込み」とし
info@dejimagraph.com までお知らせください。

 

>>>step2

下記の口座のどちらかにお振込ください。
親和銀行   長崎市役所支店 普通口座 3019672 デジマグラフ(カ
十八銀行   桜町支店 普通口座 1069512 デジマグラフ(カ
※お客様都合のキャンセル返金は致しません。

>>>step3
当日はお気をつけてお越しください。
領収書はご用意いたします。

——————————

余談になりますが、
数日前に長崎と天草のキリシタン関連遺産の登録勧告がニュースとなりました。
こうした出来事があると、それにちなんだ特産品が数多く商品化されます。
商品そのものにコンセプトがあるかどうかはもちろんですが
魅力あるパッケージであるかどうか?も
その売り場獲得、売上に大きく関与しますので
多くの現場を知っていらっしゃる岩㟢さんのお話はタイムリーなのではないかと思います。

 

——————————
ゲストの岩㟢紙器さんHP
http://total-package.jp/
——————————-

お知らせ:チョージンに参加します

長崎のZINEグループ、チョージンにデジマグラフメンバーも参加させていただいています。
今度、初めてのイベントがありますので、お近くの方はぜひお越しください。
自らテーマを設けて好きに取り組む制作は、普段ほとんどしませんので、
この機会を他の参加者の皆さんと楽しみたいと思います。

チョージン -Nagasaki zine days-
期間:5月19日(土)→27日(日)10:00〜19:00
場所:ブック船長  google map

下記のSNSで告知していきます。
instagram
facebookページ
twitter

お知らせ:第2回デジ勉開催します

2回 デジ勉を開催します。

テーマは「ネーミングとロゴ」

つい、自分たちでできそうだなと思ってしまうネーミング。
なんとなく「こういう感じかなぁ」で作られているロゴ。

「多数決で決めたけれど、いまいちだった。」
「あってもなくても一緒のような気がする・・・。」
そんなご相談をよくいただきます。

とちらも、一度決めてしまうと、簡単には変えられないもの。
では、プロは、ネーミングとロゴを作る際にどんな思考プロセスや検証を経ているのでしょうか。
ネーミングやロゴをきちんと整えることでどんなメリットや効果・結果があるのでしょうか。

弊社の実例を挙げながら、ネーミングとロゴの作り方、活用の仕方をご紹介していきます。
質疑応答の時間も設けます。

弊社代表の羽山と、コピーライターの村川が担当いたします。

とき:421日(土)14:0017:00

ところ:長崎県美術館 2F ホール

定員:90名(受付完了先着)

参加費:
パートナー社  1000
学生     1000
一般     5000
パートナー社とは、デジマグラフと受発注の関係がある企業様、個人様です。
※原則、事前のお振込とさせていただきます。お振込を持って受付完了とさせていただきます。[手数料はご負担ください]

◉フライヤーのダウンロードはこちら◉
第2回デジ勉フライヤー

 

お申し込み方法:

>>>step1

①お名前
②人数
③所属
④連絡が取りやすいお電話番号
⑤お振込いただく(いただいた)金額と名義
(やむを得ない事情で当日のお支払いを希望される方はその旨ご記載ください)

以上、①〜⑤をメールタイトル「第2回 デジ勉申し込み」とし
info@dejimagraph.com までお知らせください。

 

>>>step2

下記の口座のどちらかにお振込ください。
親和銀行   長崎市役所支店 普通口座 3019672 デジマグラフ(カ
十八銀行   桜町支店 普通口座 1069512 デジマグラフ(カ
※お客様都合のキャンセル返金は致しません。

>>>step3
当日はお気をつけてお越しください。
領収書はご用意いたします。

ちなみに、第3回(5月)、第4回(7月)の開催も決まっておりまして、
一連の流れで中身も組み立てています。
ネーミングとロゴは、まず最初に整理することがほとんどなので
第2回の内容で取り上げたいと思います。

長崎デザインアワード2017

長崎デザインアワード2017で4つの仕事が受賞しました。
受賞された企業の皆様おめでとうございます。

 

 

【金賞】 加加阿伝来所

日本のチョコの歴史が始まった長崎。
伝来の歴史を元に作り上げたブランドです。
箱の中に入るのは「和とチョコレートの出会い」をテーマにして
パティシエさんがオリジナルで作ったボンボンショコラ。
毎回、新作のおりには試食の場を設けてくださいます。それが楽しみです。
オープンから約1年で16種類にまで増えています。ぜひご賞味ください。(味噌が美味しい)

 

 

【奨励賞】 たかしま農園 大人のトマトカレー

たかしま農園が満を持して送り出した加工品第一弾。
完成までの道のりは、お三方のトークにまとめられています。
特集記事「たかしま農園 カレートーク」
トマト以外にもメロンやニンニクの製品化を実現されており
今後ますます目が離せません。

 

 

【奨励賞】チョコレート市場

チョコレート量り売りのお店。
結婚式のギフトにも対応できることを目指して、紅白での構成、上品な質感にこだわりました。
写真ではなかなかわからないのですが、白のインクで印刷をしたり、細かな手が加わっています。

 

 

【福岡南央子賞】上五島カノン(※商品写真は弊社で未撮影のため後でアップします)


https://www.nagasaki-kanon.com/
上五島の教会のステンドグラスをモチーフにしたマスキングテープです。
当初のご依頼内容から大きく異なるご提案になったのですが、
クライアントさんもステンドグラスが好きだったこと、教会関係の方のご理解と
商工会の硯川さんのご尽力で形になりました。

(福岡さんが審査員をされていることは講評が公開されてから知ったのですが)
第一線で活躍される福岡さんの賞をいただけたこと、とても励みになります。

以上、企画やネーミングからお手伝いしている案件が受賞でき、嬉しいです。

 

また、ロゴやパンフレットでお手伝いしている株式会社シーズさんは、キャロット3で奨励賞を受賞されています。世界では有名、地元ではまだ知らない方も多いと思いますのでHPをご紹介します。
株式会社SEEDSホームページ

 

 

今年の大賞はロゴデザインを始め、幾つかのプロジェクトで公私ともに仲良くさせていただいている岩崎紙器さん!!
中庭デザインさんとによる紙のプロダクト「enough」でした。おめでとうございます!
岩崎紙器さんの技術、紙の知識のすべてを注ぎ込んで設計されたそうです。
コンセプトも仕上がりも素敵です。紙も布みたいなあたたかみがあるもので気になりました。(ミラーが欲しいです)
詳細・購入はこちら 岩崎紙器オンラインショップ

表紙の仕事「進化する!地域の注目デザイナーたち」PIE International


PIE Internationalさんから発行されている
進化する!地域の注目デザイナーたち」の表紙を担当しました。

実はこの本、
2013年に発行されている「地域を熱くする! 注目のデザイナーたち」の
新版にあたるような内容で、このときも表紙を担当させていただきました。

二つ並べるとこんな感じ。つながりを出したくて、日本列島モチーフはそのままです。

全国発売の書籍の表紙デザインはこのときが初めてで、
たいへん嬉しかったことを思い出します。
ご担当だったSさんとの打ち合わせもちょっと緊張した想い出があります。

今回の新版もデザインできたことをとても嬉しく思います。

あの頃、地域のデザイナーが注目されはじめた時期だったと思います。
今、地域のデザイナーは一時的なブームではなく、ジャンルとして残っています。
そして、地域だけでない活動をはじめていて、よりフラットな、
麺棒でのばされている感じになっている気もしています。

腕のいいデザイナーが全国にちらばっていることがわかる分布図ともいえる一冊です。
個性の向こうに地域性も垣間見えて面白いです。
みなさんの仕事をみて年度末を乗り切ろうと思います。

反課題解決至上主義―巻き込み型アプローチの可能性

bba6d38a877ebfb25ae729e75842886e-540x763

(以下、成瀬先生のサイトより抜粋)

◆日時:2017年2月3日(金)18:30~21:30
◆場所:3×3Lab Future(大手門タワー・JXビル)
◆参加費:2000円(懇親会費実費)
◆タイムテーブル
18:30 イベント開始
20:30 イベント終了、懇親会開始
21:30 全体終了
◆募集人数:50名
◆参加申し込み方法:下記のFacebookページから参加申込みをしていただくか
https://www.facebook.com/events/302531500144253/
t-naruse【@】mail.koka.ac.jp
にお名前、ご所属、メアドをお伝えください。
◆主催:エコッツェリア協会
◆お問い合せ先:エコッツェリア協会03-6266-9400
◆概要
地域でも、企業でも、様々な場面で求められる「課題解決」。どのようにすれば「うまく」そして「効率的」に解決できるかが現在では問われ続けていますが、実はこの「課題解決」という発想自体がわれわれの思考と自由を制限しているのかもしれません。 今回は、近年広まりつつある「キャンドルナイト」や「シャルソン」などの「巻き込み型アプローチ」をとりあげ、「反課題解決至上主義」としてその可能性について考えます。

 

 

成瀬尚志先生が企画するイベント。
近くで開催されるならば毎回行くのに・・・と思います。
また、長崎でも企画してほしいです。

イベントは節分開催、巻き込み型のキーワードから
恵方巻きをモチーフにしてみました。

都内近郊の方はぜひ、節分に大手門へ。

長崎県美術館_冬のアトリエ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-19-34-55

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-19-35-07

長崎県美術館さんの「冬のアトリエ」フライヤー制作をお手伝いしました。
冬は、何かを黙々と作るのにとてもいい季節だとおもいます。

二日間かけてじっくりガチンコで挑む「テンペラ画入門」。
親子で楽しめそうなオリジナルレターセットづくり。
みたら「ああ、あれね!」のエングレーヴィング・・・。

美術館の作品を模写するという企画もあります。
ヨーロッパの著名な美術館へ行くと、イーゼルを持ち込んで名画を模写している人を見かけることが多いです。
初めて見たときは「これが普通の国だから、芸術が発展するのかなぁ」などと思ったものです。

厳重に管理された美術品をガラス越しに見ることが多いので
絵をダイレクトに、じっくりと見ることができる環境にちょっとびっくりしたのを思い出します。

長崎県美術館さんは、企画展の内容や、こうした取り組みの素敵さでは
全国でも屈指なのではないか?と個人的に思っています。

2017年の企画も既に予定が出ていますが、どれも楽しみです。

宣伝会議 アートディレクター養成講座 ARTS福岡教室(2017年1月下旬開講 )

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-12-56-43

【宣伝会議アートディレクター養成講座@福岡/ARTS
※定員30名(先着順)
詳細はこちら→ARTS福岡教室

1月下旬開講のアートディレクター養成講座 ARTS(福岡教室)の受付が始まっています。
私自身も、この講座を受けたことが大きな財産となっている講座です。
刺激も落胆も学びも同期生も、振り返ってみると、全て欠かせないなと思います。
時々、就職活動を控えた学生の方から「デザインの仕事がどんなものか知りたい」という
問い合わせがあります。

社や自分のケースとしてお伝えするのですが、
思い切ってこういう講座を受けるのもいいんじゃないかな?と思います。
いろんなデザイナーの声が聞けますし、
自分に向いているのかどうかを考える材料になるかも知れません。

今回は、講師として参加させて頂くほか、
この講座の概要をまとめたパンフレットのデザインを担当させて頂きました
アートディレクター養成講座ということで、アートディレクションに専念してみました。メインとなるのは 諫山 直矢 (Naoya Isayama)さんのイラスト!素敵です。
イメージしていたもの以上のイラストをパパッとアップしてくださいました。
子どもの頃は鳥山明さんや大友克洋さんに夢中で、いつも漫画を真似て描いていました。
イラストレーターさんや漫画家さんには今でもあこがれます。
デザイナーは普通よりちょっと描ける、という人が多いと思いますが
やはりプロのイラストレーターさんは違います。

 

【諫山さんHP】
http://www.napsac.net/
早速、諫山さんのお仕事ぶりに刺激をいただいているわけですが、
今回も、参加者の方にも刺激をいただき、私自身の学びの場にもなると思っています。

(毎度のことながら、他のご登壇者のコマには自分が参加したいくらいです・・・)

「ハッピータウン波佐見祭り」に出店します。ワークショップも開催します。

デジマグラフで「ハッピータウン波佐見祭り」に出店します。

◎出店
「DEJIMAGRAPH REAL STORE」では
パッケージや企画を担当したクライアント社の商品や
自社オリジナル企画商品を販売します。
期間中毎日営業します!

◎ワークショップ
ワークショップコーナー「DEJIMAGRAPH波佐見支店」では
いつもデジマグラフの仕事でやっていることに近い体験をご用意しました。

クライアント社の協力も得ながら3つのワークショップを日替わりで開催します。

 

【9/22(木・祝)】
大場製茶×デジマグラフ
「味もデザインも、わたしだけのお茶を作ろう」
oba_workshop_0909

自分だけのお茶を企画し、企画に基づき茶葉を配合、ネーミングと
ラベルデザインまでを体験します。デジマグラフの日頃の仕事を
ダイジェストで体験するワークショップです。作ったお茶はお持ち帰りできます。
東彼杵町の海の見える茶園「大場製茶」さんと共同で開催します。

 

【9/23(金)&25(日)】
デジマグラフ単独ワークショップ
「レンタルおじさん」★参加条件あり★

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%abfri %e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%absun_2

デジマグラフ代表の羽山(おじさん)を1時間1500円でレンタルできます。
何コマでもご購入いただけます。

参加条件は、デザインを志す方、若手の方、ブランディングに関心のある方、
デザイン事務所とやりとりされている担当者の方など、
デザインの経験や、クライアントの立場でデザイナーとやりとりする機会のある方など。
相談内容は自由にお使いください。
デザイントレーニングをしたい方は日頃のデザインに使っている道具をお持ちください。
個人またはお友達とどうぞ。
(最大3名/3名で一緒にレンタルしても料金は時間単位でO.K。みっちり何かを
教えてもらいたい!という場合は一人の方がいいかもしれません。)

◎レンタルおじさん予約方法
23日(金)①10:00~11:00②11:20~12:20③13:30~14:30④15:50~16:50
25日(日)①10:00~11:00②11:10~12:10③12:20~13:20④15:50~16:50

予約は→こちら
messageの欄に「レンタルおじさん」とし、希望の日時を記載してください。
デジマグラフからの予約確認の返信をもって、予約完了といたします)

※ただし、実際の仕事を依頼することは不可です。
※要予約(予約に空きがある場合は当日申し込みができます)
個人またはお友達とどうぞ。(最大3名)
【9/24(土)】
山﨑マーク×デジマグラフ
「一点ものを作ろう」

yamasaki_workshop_0909
Tシャツなどの身近な商品につかわれている「マーク技術」。
シルクスクリーンと、実際のマークで使われた端材、余った紙を使い、
世界にひとつだけのオリジナルノートまたはバッグを作ります。
西海市のマーク屋さん「山﨑マーク」さんと共同で開催します。

かわいいと向きあってみる展EXHIBITION “THINKING ABOUT ‘KAWAII’ ” に参加します

image
※画像は企画サイトより転載※

福岡でご活躍中の山之口さんの呼びかけのもと、
こちらの展示に参加させていただくことになりました。
(お誘いありがとうございます!)
かわいいってなんだろうな〜と考えることは少なくないのですが
よくわからなくなって途中でやめてしまうので、
この展示を機に、自分なりにアウトプットに落としてみて、
さらに考えるきっかけにしたいと思います。

かわいいと向きあってみる展
EXHIBITION “THINKING ABOUT ‘KAWAII’ ”
http://kawaii-to-mukiattemiru.jimdo.com/

日時:2015年2月11日(水)〜2月16日(月)
12:00〜20:00 ※LAST DAY〜18:00

会場:多目的空間  SIGEKIBA
〒810-0022 福岡市中央区薬院 1-16-18 江島ビル605
Eshima bldg #605, 1-16-18 Yakuin, Chuo-ku, Fukuoka 8100022 Japan

 

北のデザイン、西のデザイン。

10549065_848404125204815_5375708520365324274_o

11月1日、札幌の鎌田さんをお迎えして、トークショーを開催します。
もともとプライベートで立ち寄っていただく予定だったのですが
めったに長崎には来られないことだし、せっかくだからとJAGDA長崎主催で
イベントを開催することになりました。

すでに席は埋まっていますが、当日のレポートはこのブログでまとめたいと思います。

このフライヤーについても、その時に触れたいと思います。

デザイン物産 2014@ヒカリエ 10/19まで

 

L1H9236_960

8/TV/063 「日本の物産の進化」 デザイン物産 2014

 

渋谷ヒカリエのd47MUSEUMにて、デザイン物産2014なるものが開催中です。

各県から4つのテーマに沿って選ばれた品が展示されており、
長崎の4品のうちひとつ(下記、4のカテゴリ)に
BARAMONの五島手延うどんが選ばれています。
選定基準になっている、オリジナルの進化系ということばはうれしいです。
あたらしい市場をめざしてクライアントさんとつくったものなので。

おなじくヒカリエのd&d travelで購入もできます。

 

 

***********  以下、d&dサイトより抜粋  ***********

会 期  2014年8月 7日(木) – 2014年10月19日(日)
時 間  11:00 – 20:00入場は19:30まで
場 所  d47 MUSEUM

1.工芸 origin
その土地に昔からある工芸

2.工芸+design
その土地に昔からある工芸の進化系

3.食品 origin
その土地で昔から食べられているもの

4.食品+design
その土地で昔から食べられているものの進化系
+designについては、originからの継承が行われており、流行に左右されず、無理のない体制で生産されているもの。その土地の人たちに愛され、流通、販売されており、品質が確かで継続的に販売されていること。

インテリアライフスタイル展に岩崎紙器さんが参加中です

ap_logo01

6月6日(金まで)東京ビッグサイトで開催されているインテリアライフスタイル展に
岩崎紙器さんが参加されています。

岩崎紙器さんは長崎県波佐見町のメーカーさんで、
注文に応じた箱作りにとどまらず、
自社企画製品のプロジェクト「アケルプロジェクト」に取り組まれています。

デジマグラフではロゴタイプのデザインをさせていただきました。

紙でこんなモノが作れるの?と感じさせる物作りは、
素材を知り尽くしたメーカーだからできること。

DEJIMAGRAPHのイチオシは、こちらのDOMESTIC MAIL。
使うほどに、布のような柔らかさと、風合いが出ます。
オンラインショップで買えます。

インテリアライフスタイル展へ足を運ばれる皆様、
ぜひぜひ岩崎紙器さんのブースへどうぞ!

ブース情報
【Welcome to my home !/AtriumA-13】

フクロ展

フクロ展DM_Fol
フクロ展に参加しています。
福岡→長崎→大分→熊本と巡回するそうなので
お近くにお住まいの方は是非。

以下、フクロ展イベントページより引用

袋は何かを入れるもの。入れてやっと袋に成れる。袋のストーリーを完結させてください。46組のクリエイターがそれぞれのコンセプトで袋をデザインします。その袋を皆様がどのように使うかによって完結します。クリエイターと皆様による袋の祭典です。

【出袋者】
Analogue inc./Ayaco/飯田浩介/稲田ゆきこ/ウサマキ/宇佐幸弘/内野美和/ULOCO/えぞえぞえ/大川松樹/オカダン・グラフィック/おくりもの学校/川添精一郎/carioca/キタカゼパンチ/木村尚史/小林大助/小宮龍介/shizuku/白 Shiro(西道郎)/CY/田原ウーコ/寺山武士/にしおかゆうこ/濱隆一/ハヤマック&マルチノ/原田みなみ/HarunaFukuda/藤田薫/hocora(なかむら葉子)/本田明日華/松尾紀之/松本あずさ/松本千里/宮崎智文/38WORKS(宮地朗成)/ムツロマサコ/森海里/森下かづこ/矢野貴昭/山之口正和/山本文吾/ヨーコ・フナツマル/吉村隆治/La:mmin/kozakura

【入場無料・作品は購入できます】

【巡回します!】
福岡を皮切りに、長崎→大分→熊本を回ります。

福岡>「SOMEWARE」5/17(SAT)-5/25(SUN)
福岡市中央区薬院1-12-19ロマネスク薬院第2-103
※12:00-19:00
※水曜(5/21)は店休日の為クローズ
※但し事情により変更有詳しくはお電話でお尋ねください

長崎>「PUBLICO DEJIMA」6/7(SAT)・6/8(SUN)
長崎市出島町10-15日新ビル205
※11:00-19:00
長崎会場ではワークショップ「私だけのペーパーバック作り」というワークショップを行います。詳細は後日!

大分>「Miharus_Room201」6/11(WED)-6/15(SUN)
大分市中央町3-5-16wazawaza201(2F)
※11:00-19:00

熊本>「熊本市現代美術館ミュージアムショップ」6/27(FRI)-7/27(SUN)
熊本市中央区上通町2-3
※10:00-20:00
※火曜定休(美術館休日に準じる)

【特設サイト】
http://lammin.net/2014fukuro

MrMax全店、WEBで RESCUE Tシャツ 販売開始

main
今年もMrMaxさんで九州のクリエーターがデザインしたTシャツ36種が販売されます。
(今回DEJIMAGRAPHは参加していませんが、PRです!)
売り上げの15%が東日本大震災の復興を目的として寄付されます。
MrMax全店、そして期間限定ですがネットでも販売されます。
価格と種類豊富なデザインが好評で、昨年は多くの友人たちが購入してくれました。

サイズと種類が豊富な今のうちにどうぞ。※MrMaxさんの通販ページにジャンプします
http://shop.mrmax.co.jp/user_data/packages/mrmax/kikaku/orange/chari_t.html

以下、九州ADCのHPより抜粋

***************************************************

ついに4月24日(木)より、ミスターマックス全店で
チャリティーTシャツの販売を開始します!!!!
お待ちかねのデザインはこちら!!

http://k-adc.net/rescue-t/rescuet-shirts-2014/list/

どのTシャツも、クリエイターそれぞれの想いが込められており
完成度の高い商品となっております!!
ネット販売期間は4月24日〜5月7日と短いのでお早めにー!!

K-ADC年鑑ができましたーー長崎のデザイン事務所 DEJIMAGRAPH

kadc2013_nenkan_01

award2013_book0322

kadc2013_nenkan_02

第2回九州ADCの年鑑が完成しました。
グランプリの副賞としてADを担当させていただきましたが、
完成までに多くの方のサポートをいただき本当に感謝しています。
ありがとうございます。

http://k-adc.net/annual/orderform/
こちらから注文できますので、よろしくお願いします!
(一般 10,000円(税込)/K-ADC会員・学生 7,000円(税込))

ページ数も掲載点数も多く、九州のデザイン仕事やADをしっかり見れる年鑑です。
デザインに関わる人だけでなく、デザインやアートディレクションを利用したい
企業の方にも見ていただきたい一冊です。
いろんなデザイナーの仕事ぶりがわかると思います。

この年鑑には、クライアント社である株式会社フジオカの
藤岡社長にもご出演いただきました。ありがとうございます。
クライアントとデザイナーの良い仕事をするための関係というテーマで
お話しする時間をいただき、記事にまとめています。

モデルは長崎の女の子、Karunaちゃん。
なんと、プロのモデルさんではありませんが、
多くの方に「どこの事務所の女の子?」と尋ねられます。
仕事がある中、協力してくださってありがとうございました。
以下、制作スタッフの皆様です。
素晴らしい腕を持つ皆様に助けていただき、できました。
ありがとうございます。

[撮影協力]
山田圭仲地俊裕岩本賢吾/濱本英介
前田耕司/山辺 学/井上サトコ.(HM)/ひろみ(HMアシスタント)
五所栗子(ST)/髙岩絵美(STアシスタント)
池田佳瑠奈(モデル)

[編集制作]
本村大輔/釜崎英治/中村圭太吉村隆治
タナカタカアキ/稲田ゆきこ(web管理)/村川マルチノ佑子

[協賛広告管理]
梶原道生/加治屋司

[印刷協力]
株式会社インテックス

[用紙提供]
株式会社竹尾

 

****************************************

※K-ADCのHPより

長らくお待たせしました!!

2013年6月21日に開催された第2回 K-ADC AWARD。
九州中から集まった約900点の仕事の中から、入賞・入選に
選ばれた仕事522点が掲載された「K-ADC AWARD年鑑 2013」発売です。
九州在住のプロの仕事が凝縮された
ビジュアルコミュニケーション年鑑です。
映像仕事が収録されたDVD付き。

グランプリ/準グランプリ/K-ADC会員賞/ベストイラストレーター賞/ベストフォトグラファー賞/特別審査員賞/プロジェクト部門/ポスター・屋外広告部門/新聞広告・雑誌広告部門/ブック・エディトリアル部門/ジェネラルグラフィック部門/パッケージ部門/環境・空間・サイン・ディスプレイ部門/CI・シンボル・ロゴ・タイポグラフィー部門/デジタルコミュニケーション部門/TV-CM部門/映像・モーショングラフィック部門

◎A4判266ページ(協賛広告を除く)
◎付録DVD(TVCM、映像・モーショングラフィック等を収録)
◎アートディレクション:羽山潤一(DEJIMA GRAPH)
◎編集発行:九州アートディレクターズクラブ
◎価格:一般 10,000円(税込)/K-ADC会員・学生 7,000円(税込)
◎掲載仕事・掲載者一覧(速報テキスト)http://k-adc.net/award_20130701/

ご注文はこちらから。
http://k-adc.net/annual/orderform/

澁谷克彦式 デザインワークアウトに参加します。

ワークアウト0215

ワークアウト0215

JAGDA福岡が主催の「澁谷克彦式  DESIGN WORKOUT」に参加する事になりました。
地産デザインをテーマに企業を自身で選択し企画書にまとめ提案します。
3月18日に公開ワークショップ、19日に公開プレゼンテーションという流れ、
講義の内容や19日のプレゼンテーションは有料ですが一般公開されるそうです。

自分の考えた企画を講師の澁谷さんにどう評価されるかも楽しみですが、
他の参加者がどういった企画を考えてこられるか、楽しみでもあります。

プレゼンはどちらかというと上手くないので緊張しますが
もし、ご興味があれば是非ご参加ください!

——–

KATSUHIKO SHIBUYA METHOD
Art direction class for 2days

On March 18-19, the art direction class for professional is held in Fukuoka JAPAN.
I am going to participate in it.
The lecturer in art direction is Katsuhiko Shibuya (Shiseido).
The class is open to the public.

March 18—- Fukuoka Design School
13:00〜18:30
admission free

March 19—-IMS hall
proposal/13:00〜17:00
talk show/17:00〜19:30 (Mr.Shibuya×Mr.Yamada)
admission fee ¥1000(student ¥500)

2年と5ヶ月。 ーー長崎のデザイン事務所 DEJIMAGRAPH

_IGP5917_3_blog

_IGP5906_01lite_blog

DEJIMAGRAPHとして独立し、2年5ヶ月。
やっと自社のウェブサイトをオープンできました。

今回、Webデザインをしていただいたy2の横山さん
初めて打ち合わせをしたのが昨年の8月頃、
それから、こちらの都合で約半年もかかってしまいましたが
気持ちのいいサイトに仕上げてくださいました。ありがとうございます。

まだまだアップしきれていない仕事もありますが
これから少しずつアップして、さらに充実させたいと思っています。
加えて、長崎の地産モノの案件を多く担当させていただいていることから
長崎の良いものを伝えられたらとも考えています。

あらためて、このサイトを含め
どうぞよろしくお願いいたします。

デジマグラフ 羽山