アドタイさんに取材していただきました

_L1H9268_960

karasumi_002

IMG_6232_w960

iwasaki_logo_06

アドタイさんのリレーコラム「地域のクリエイション第二弾」にご紹介いただきました。
地元・長崎での事例を4つ挙げながら、ローカルでの仕事について寄稿させていただいています。

(※敬称略で失礼します)

事例1 フジオカの「BARAMONシリーズ」
事例2 小野原本店
事例3 崎永海運「たかしま農園」
事例4 岩崎紙器
9月8日に掲載されたのですが、直後から反響が大きく、
いろんなメッセージやコメントをいただいています。
東京以外が地方ということであるなら、ほとんどのエリアが地方なので
共感も呼びやすいのかもしれません。

このアドタイさんのコラムでは
地域のクリエイションというテーマに沿って
10名を超える制作者(とひとくくりにしていいものか悩みますが)が
それぞれの働き方や仕事についてコラムを担当されています。

ぜひご一読を。

デザイン物産 2014@ヒカリエ 10/19まで

 

L1H9236_960

8/TV/063 「日本の物産の進化」 デザイン物産 2014

 

渋谷ヒカリエのd47MUSEUMにて、デザイン物産2014なるものが開催中です。

各県から4つのテーマに沿って選ばれた品が展示されており、
長崎の4品のうちひとつ(下記、4のカテゴリ)に
BARAMONの五島手延うどんが選ばれています。
選定基準になっている、オリジナルの進化系ということばはうれしいです。
あたらしい市場をめざしてクライアントさんとつくったものなので。

おなじくヒカリエのd&d travelで購入もできます。

 

 

***********  以下、d&dサイトより抜粋  ***********

会 期  2014年8月 7日(木) – 2014年10月19日(日)
時 間  11:00 – 20:00入場は19:30まで
場 所  d47 MUSEUM

1.工芸 origin
その土地に昔からある工芸

2.工芸+design
その土地に昔からある工芸の進化系

3.食品 origin
その土地で昔から食べられているもの

4.食品+design
その土地で昔から食べられているものの進化系
+designについては、originからの継承が行われており、流行に左右されず、無理のない体制で生産されているもの。その土地の人たちに愛され、流通、販売されており、品質が確かで継続的に販売されていること。

たかしまフルーティトマト号@シトロエン

1907774_946844188662862_5750687931295119099_n (1)

写真はたかしま農園さんより提供。

久しぶりのブログ更新になりました。
たかしま農園の崎永海運さんが、
たかしまフルーティトマトカー営業車(?)を制作されていました。
しかもシトロエンです。

シトロエン・・・・。

ロゴやモチーフをいろんなところで使っていただけて嬉しい限りです。

こちらの公式サイトでも紹介されています。
→ シトロエン長崎 公式サイト

たかしまフルーティトマトの収穫は1年で4ヶ月だけ。
現在、トマトを食べることはできませんが、
来年の2月、会うことができます。
このトマトを食べなれると、他のトマトが薄く感じて、
この夏はあまりトマトを買っていません。

K-ADC AWARD 2014に参加しました

 

審査スタートは朝9時半。まだ人も少なかった。


K-ADC AWARD 2014
に参加しました。
K-ADCとは、九州アートディレクターズクラブのこと。
九州のアートディレクターがここ1年の仕事を出品し、審査される場がK-ADCアワードです。

デジマグラフでは27点が入選、
うち3つの仕事で部門賞をいただきました。
そして、総合での準グランプリを獲得できました。

受賞したもの、しなかったものがありますが、
この1年間お仕事をくださったクライアントさん、制作チームのみなさんに感謝しています。
アワード中に感じた悔しさも尊敬も嬉しさをこれからの制作の糧にしようと思います。

 

K-ADCのサイトに入賞速報が出ていますが、
入選数(出品数もでしょうか?)が圧倒的に福岡県が多い中、
長崎県は健闘しているのではないかと思います。してますよね?
よく「デザイン系の大学などが無いのでデザインが育ちにくいのでは?」と聞かれます。
実際、影響はあると感じますし、あったらいいなと思います。

そういった中で、現役のデザイナーは結構頑張っているのかな?と思いました.
(仕事も人柄も尊敬できる深町さん、納富さん、山崎さんといった大先輩がいることは、
ひとつ大きな理由だとおもいます)

最後になりましたが、実行委員のみなさまお疲れさまです。
こういう場があることをありがたいと思っています。

 

受賞一覧—————————
●準グランプリ たかしま農園リブランド

●プロジェクト部門賞 たかしま農園リブランド

●ジェネラルグラフィック部門賞 肉屋ワタナベ商店包装紙

●パッケージ部門賞 いとう養鶏場

入選一覧—————————


【部門1】プロジェクト部門×2点
いとう養鶏場 リブランド
たかしま農園 リブランド

【部門4】ブック・エディトリアル部門×2点
K-ADC年鑑2013 アートディレクション
「地域を熱くする!注目のデザイナーたち」装丁

【部門5】ジェネラルグラフィック部門×5点
演奏会フライヤー
たかしま農園名刺
小野原本店 包装紙
いとう養鶏場 名刺
肉屋ワタナベ商店 包装紙

【部門6】パッケージ部門×7点
たかしまフルーティトマト
TEA CLOSET シリーズ
七福玉手箱(かまぼこ詰め合わせ)
いとう養鶏場 卵パッケージシリーズ
小野原本店 食べきりシリーズ
たかしまフルーティトマト 紙袋
ショッピングバッグ


【部門8】C I・シンボル・ロゴ・タイポグラフィー部門×9点
たかしまフルーティトマト シリーズ
たかしま農園
ミナミ田園 ロゴ
山﨑マーク ロゴマーク
いとう養鶏場 ロゴタイプ
たかしまフルーティトマトロゴ
TEA CLOSET
子どものための服と道具展 ロゴタイプ
無限工房 ロゴタイプ

【部門9】デジタル部門×2点
山﨑マークウェブサイト
たかしま農園ウェブサイト

※エントリーにあたっては、多くのクライアント社さんに現物支給のご協力をいただきました。
ご理解とご協力に感謝します。ありがとうございました。

 

 

たかしま農園リブランド

たかしま農園リブランド

 

肉屋ワタナベ商店包装紙(白)

肉屋ワタナベ商店包装紙(白)

 

いとう養鶏場たまごパッケージ

いとう養鶏場たまごパッケージ

Processed with VSCOcam with t1 preset

ジェネラルで3位だった小野原本店さんの包装紙。小野原さんの仕事は、パッケージ部門でも2位とアベレージ高めの評価(澤本さんにいいねって言ってもらえたことも嬉しい)