あたらしい模様・柄・パターンのデザイン NEW JAPANESE PATTERN DESIGNに掲載していただきました

スクリーンショット(2014-09-17 15.32.56)

 

ビー・エヌ・エヌ出版さんの新刊
「あたらしい模様・柄・パターンのデザイン NEW JAPANESE PATTERN DESIGN」
BARAMONシリーズよりパターン2種が掲載されています。

以前から気になっていたいろんなお仕事がまとめられていて、見入っています。


BARAMONシリーズ
はDEJIMAGRAPHの代表作となった仕事で、多くの縁をつないでくれています。
「五島モノグラム」「矢堅目パターン」「かんころテキスタイル」と、
3つの文様パターンを制作しましたが、個人的には「矢堅目パターン」が最も気に入っています。

 

アドタイさんに取材していただきました

_L1H9268_960

karasumi_002

IMG_6232_w960

iwasaki_logo_06

アドタイさんのリレーコラム「地域のクリエイション第二弾」にご紹介いただきました。
地元・長崎での事例を4つ挙げながら、ローカルでの仕事について寄稿させていただいています。

(※敬称略で失礼します)

事例1 フジオカの「BARAMONシリーズ」
事例2 小野原本店
事例3 崎永海運「たかしま農園」
事例4 岩崎紙器
9月8日に掲載されたのですが、直後から反響が大きく、
いろんなメッセージやコメントをいただいています。
東京以外が地方ということであるなら、ほとんどのエリアが地方なので
共感も呼びやすいのかもしれません。

このアドタイさんのコラムでは
地域のクリエイションというテーマに沿って
10名を超える制作者(とひとくくりにしていいものか悩みますが)が
それぞれの働き方や仕事についてコラムを担当されています。

ぜひご一読を。

デザイン物産 2014@ヒカリエ 10/19まで

 

L1H9236_960

8/TV/063 「日本の物産の進化」 デザイン物産 2014

 

渋谷ヒカリエのd47MUSEUMにて、デザイン物産2014なるものが開催中です。

各県から4つのテーマに沿って選ばれた品が展示されており、
長崎の4品のうちひとつ(下記、4のカテゴリ)に
BARAMONの五島手延うどんが選ばれています。
選定基準になっている、オリジナルの進化系ということばはうれしいです。
あたらしい市場をめざしてクライアントさんとつくったものなので。

おなじくヒカリエのd&d travelで購入もできます。

 

 

***********  以下、d&dサイトより抜粋  ***********

会 期  2014年8月 7日(木) – 2014年10月19日(日)
時 間  11:00 – 20:00入場は19:30まで
場 所  d47 MUSEUM

1.工芸 origin
その土地に昔からある工芸

2.工芸+design
その土地に昔からある工芸の進化系

3.食品 origin
その土地で昔から食べられているもの

4.食品+design
その土地で昔から食べられているものの進化系
+designについては、originからの継承が行われており、流行に左右されず、無理のない体制で生産されているもの。その土地の人たちに愛され、流通、販売されており、品質が確かで継続的に販売されていること。

たかしまフルーティトマト号@シトロエン

1907774_946844188662862_5750687931295119099_n (1)

写真はたかしま農園さんより提供。

久しぶりのブログ更新になりました。
たかしま農園の崎永海運さんが、
たかしまフルーティトマトカー営業車(?)を制作されていました。
しかもシトロエンです。

シトロエン・・・・。

ロゴやモチーフをいろんなところで使っていただけて嬉しい限りです。

こちらの公式サイトでも紹介されています。
→ シトロエン長崎 公式サイト

たかしまフルーティトマトの収穫は1年で4ヶ月だけ。
現在、トマトを食べることはできませんが、
来年の2月、会うことができます。
このトマトを食べなれると、他のトマトが薄く感じて、
この夏はあまりトマトを買っていません。