たかしまフルーティトマト号@シトロエン

1907774_946844188662862_5750687931295119099_n (1)

写真はたかしま農園さんより提供。

久しぶりのブログ更新になりました。
たかしま農園の崎永海運さんが、
たかしまフルーティトマトカー営業車(?)を制作されていました。
しかもシトロエンです。

シトロエン・・・・。

ロゴやモチーフをいろんなところで使っていただけて嬉しい限りです。

こちらの公式サイトでも紹介されています。
→ シトロエン長崎 公式サイト

たかしまフルーティトマトの収穫は1年で4ヶ月だけ。
現在、トマトを食べることはできませんが、
来年の2月、会うことができます。
このトマトを食べなれると、他のトマトが薄く感じて、
この夏はあまりトマトを買っていません。

K-ADC AWARD 2014に参加しました

 

審査スタートは朝9時半。まだ人も少なかった。


K-ADC AWARD 2014
に参加しました。
K-ADCとは、九州アートディレクターズクラブのこと。
九州のアートディレクターがここ1年の仕事を出品し、審査される場がK-ADCアワードです。

デジマグラフでは27点が入選、
うち3つの仕事で部門賞をいただきました。
そして、総合での準グランプリを獲得できました。

受賞したもの、しなかったものがありますが、
この1年間お仕事をくださったクライアントさん、制作チームのみなさんに感謝しています。
アワード中に感じた悔しさも尊敬も嬉しさをこれからの制作の糧にしようと思います。

 

K-ADCのサイトに入賞速報が出ていますが、
入選数(出品数もでしょうか?)が圧倒的に福岡県が多い中、
長崎県は健闘しているのではないかと思います。してますよね?
よく「デザイン系の大学などが無いのでデザインが育ちにくいのでは?」と聞かれます。
実際、影響はあると感じますし、あったらいいなと思います。

そういった中で、現役のデザイナーは結構頑張っているのかな?と思いました.
(仕事も人柄も尊敬できる深町さん、納富さん、山崎さんといった大先輩がいることは、
ひとつ大きな理由だとおもいます)

最後になりましたが、実行委員のみなさまお疲れさまです。
こういう場があることをありがたいと思っています。

 

受賞一覧—————————
●準グランプリ たかしま農園リブランド

●プロジェクト部門賞 たかしま農園リブランド

●ジェネラルグラフィック部門賞 肉屋ワタナベ商店包装紙

●パッケージ部門賞 いとう養鶏場

入選一覧—————————


【部門1】プロジェクト部門×2点
いとう養鶏場 リブランド
たかしま農園 リブランド

【部門4】ブック・エディトリアル部門×2点
K-ADC年鑑2013 アートディレクション
「地域を熱くする!注目のデザイナーたち」装丁

【部門5】ジェネラルグラフィック部門×5点
演奏会フライヤー
たかしま農園名刺
小野原本店 包装紙
いとう養鶏場 名刺
肉屋ワタナベ商店 包装紙

【部門6】パッケージ部門×7点
たかしまフルーティトマト
TEA CLOSET シリーズ
七福玉手箱(かまぼこ詰め合わせ)
いとう養鶏場 卵パッケージシリーズ
小野原本店 食べきりシリーズ
たかしまフルーティトマト 紙袋
ショッピングバッグ


【部門8】C I・シンボル・ロゴ・タイポグラフィー部門×9点
たかしまフルーティトマト シリーズ
たかしま農園
ミナミ田園 ロゴ
山﨑マーク ロゴマーク
いとう養鶏場 ロゴタイプ
たかしまフルーティトマトロゴ
TEA CLOSET
子どものための服と道具展 ロゴタイプ
無限工房 ロゴタイプ

【部門9】デジタル部門×2点
山﨑マークウェブサイト
たかしま農園ウェブサイト

※エントリーにあたっては、多くのクライアント社さんに現物支給のご協力をいただきました。
ご理解とご協力に感謝します。ありがとうございました。

 

 

たかしま農園リブランド

たかしま農園リブランド

 

肉屋ワタナベ商店包装紙(白)

肉屋ワタナベ商店包装紙(白)

 

いとう養鶏場たまごパッケージ

いとう養鶏場たまごパッケージ

Processed with VSCOcam with t1 preset

ジェネラルで3位だった小野原本店さんの包装紙。小野原さんの仕事は、パッケージ部門でも2位とアベレージ高めの評価(澤本さんにいいねって言ってもらえたことも嬉しい)

 

 

 

大学・専門学校と学生をつなぐ 学校案内のデザインに掲載していただきました

スクリーンショット 2014-07-01 23.33.07

「大学・専門学校と学生をつなぐ 学校案内のデザイン」(ピー・エヌ・エヌ新社)に
長崎総合科学大学さんとのお仕事が掲載されています。

掲載されているものは2014年度版です。

ちなみに2015年度も担当させていただいており、
現在、今年のパンフレットが配布中です。

2年度続けて担当させていただくことで、反省や改善点を踏まえ、
より、読み手にわかりやすく有益な内容になっていると思います。

多くの方に見ていただければと思います。

長崎総合科学大学さんは
朝日新聞出版発行の「大学ランキング2015年版」で
「教員1人あたりの論文被引用数」で東京大学を抜き全国1位(!)
「1論文あたりの被引用数、物理学分野での論文引用度指数」でも全国1位(!)
なんだそうです。
すごいなぁ・・・。

看板のデザイン

 

写真 2

Processed with VSCOcam with m3 preset

以前、VIのリニューアルを担当させていただいた
波佐見の岩崎紙器さんより無事に看板の取り付けが終わったとの連絡が。

看板のデザインの場合、実物大の大きさで提案する事ができないので
現場の写真を撮って、写真にデザインを合成する事が多いのです。

なので、取り付けるまでが結構ドキドキなんですね。
岩嵜さんより、想像していたイメージよりも良かったとご連絡いただき、
嬉しい日曜日になりました。

それから、この大きな看板を実際に作って取り付ける、
看板屋さんは、やっぱりすごいですね。
四隅を角丸にデザインさせていただいたのですが、
写真を見る限り、キレイなアールに作っていただいているので
早く見に行きたいと思っています。