RECNAのパンフ、できました。


 

長崎大学核兵器廃絶研究センター
[RECNA -レクナ-]さまの
パンフレットを制作させていただきました。

RECNAは、核兵器をなくすための
研究・教育に特化した
世界で唯一の機関です。
(世界で唯一ってすごい!!!)

 


 

RECNAの先生方や、様々な取り組みについてなど
RECNAをまるっと知ることができる
一冊となっています。

「核兵器って廃絶できるの?」
「そもそも世界の核兵器って、今どういう状況なの?」

RECNAには、小学生から大人まで
多くの方々から質問が寄せられるそうです。
その質問をまとめたQ&Aコーナーもあります。

 

 

専門的な内容が多く
より分かりやすいよう整理することを心がけながら
制作させていただきました。

なんとかかんとか、内容を噛み砕いて理解していく中で
改めて核の恐ろしさを忘れてはいけないなと感じました。
同時にそのテーマに向き合い続けている
RECNAの皆さんは本当に凄いなと…。

私も改めて学ばなきゃなと思います。

 

 

真剣なテーマに取り組まれている
RECNAの先生方とスタッフさんですが
とっても気さくで、生徒さんとも仲良し。
こんな先生方からなら学びたい、と思うほど。

撮影中、ふとした会話から伺った
豆知識が博識すぎました。

RECNAの皆さま、ありがとうございました!

 

★RECNAのパンフレットは
 nagasaki ebooksで電子書籍版を見ることもできます。
 >>こちらからどうぞ

★パンフレット現物をご希望の方は
 RECNAまでお問い合わせください。
 >>RECNA公式サイト

(小川)

小学校でリレー漫画した話【後編】

前編からの続きです〉

みんなの自由なリレー漫画(1話8コマ)が出来上がりました!

小学生ならではの始まり方、ひっくり返し方、
前のコマを気にしない展開がすごく面白くて、横から覗きながら笑ってしまいました。

お家で退屈だな〜と思ったら、家族でやってみませんか。
それか、オンラインリレー漫画とかどうですか。

同級生ともう一度描いてみようかな〜。

以上、振り返りでした。
南小学校の皆さんありがとうございました。

小学校でリレー漫画した話【前編】

こんにちは。羽山です。

お家でネットを見ているという方も多いと思い、ちょっと時間が経っているのですが
楽しんでいただけたらいいなと思い更新しています。

昨年、秋のこと。
波佐見町の南小学校で職業体験のワークショップ
「わくわくワークデー」に参加しました。

2回目の参加です。

1回目は、ロゴマークを作り名刺にするワークショップを行いました。
すごく可愛い名刺ができていたのですが、時間的に厳しくて「交換をする」という
目標まで至りませんでした。
そこで、内容を変えて2回目に臨みました。

テーマは「みんなの力を合わせてリレー漫画を作ろう!」です。

いやいや、仕事で漫画描いてないやん?と言われてしまいそうですが

この仕事はチームワーク。

絵が得意な人、お話考えるのが得意な人、びっくりするアイデアを出すのが得意な人が
ワイワイ集まって仕事をしていることが多いなぁと思っています。
そうきたか〜、じゃあこっちはこうだ!みたいなこと、ありますよね。

リレー漫画もその要素があるんじゃないかと。

8つの空白のコマを、4人で順番に描いて埋めていき、8コマ漫画を作ります。
1つの漫画で、自分が描けるのは2コマだけ!
直前のコマがどうなるかは、手元に来てみないとわかりません。
自分が描いたコマが、次にどうなるかもお任せです。

4人のグループを4つ作り進めていきました。
8コマなので、2周して完成。
合わせて16本の漫画ができることになります。

実は僕は高校の頃に友達とリレー漫画をしていました。
デザイン美術科なので、みんな絵は得意です。
すごく楽しかった思い出があるんです。

そのこともあって、もう一回やってみたいなぁ、
小学生のリレー漫画を見てみたいなということでやってみました。

1−2の教室を割り当ててもらい
小学生の心をつかむべく、ほとんど読んでなかった鬼滅の刃なんか黒板に描いたりして。
(※今は拝読済。アニメも観ています。)第一印象で好かれようと心がけました。

1年生から6年生まで、集まってくれましたよ!
ちなみにワークショップ内容は事前に公開され、第一希望から第三希望までを
描き込む形になっているそうです。

第一希望で来た子はどの子だろうと忖度しそうになるのをこらえ、始まりました。
全員第三希望だったらどうしようとかも正直思いましたが、その辺りは伏せられています。

みんなにご挨拶をして、そのあとはリレー漫画の説明。
こちらの資料を配布しました。

●「入学式」① ※右から縦に読んでください

●「入学式」②※右から縦に読んでください

この資料は、高校時代に実際に描いたもので友人の小川くんが保管しておいてくれたものです。
送ってもらいました。(ありがとう!)他にもたくさん送ってもらいました。
高校生ならではの展開もあって、懐かしかった。

他にも高校生のアホなリレー漫画を見たい方はこちら〈高校生のリレー漫画〉をどうぞ。入学式の他に2話、合わせて3話が見れます(PDFで開きます)。

プラス、以下の資料も配布。
紙とペン、ふたり以上がいればできるので
おうちでやってみてください。

●説明用

1コマ目を描くのが一番難しいので、キャラクターのヒントなども。

1コマ目は、みんなタイトルにも苦戦していましたが、
話の流れはこの後の人に任せないといけないから、自由に考えてテキトーに描いてもなんとかなるよ、と言うとサクサク描いていました。
子どもたちは自由でいいです。

その、自由なリレー漫画は、後編で。

武雄市へ

みなさんこんにちは、
スタッフの大久保です。

 

今週月曜、
いとう養鶏場さんの打ち合わせに参加するため、
武雄市まで行ってきました。

この日はいとう養鶏場さん、
ビープラストの皆さんと一緒に、
加工食品についてのブレストや、
催事ブースのイメージについてなどをお話しました。
いとう養鶏場さんから参加されていた、
たいきさん、あやかさんはお二人とも同世代なのですが、
事業をよくすべく、いろいろなことにチャレンジされていている真っ最中です。

打ち合わせの中で出た、卵の選定の基準など、
伺う話すべてが普通に生活していたら知ることができないことだらけでとても興味深かったです。
(そんないとう養鶏場さんの日常は、
web内にある「養鶏場にっき」から見ることができます。)
↓↓↓
http://ito-eggfarm.com/

 

そしてもう一つ、
武雄市といえば、貴靖さん。

オーナーシェフ佐藤さんこだわりの
地元で採れた素材を活かした料理がコースで楽しめる中華料理店です。
デジマグラフでは
ブランディングをお手伝いをさせて頂きました。

以前から、
羽山・村川より細かく料理の感想を聞いていたので、
割とイメトレはできていたつもりだったのですが、
素材を活かした味つけが想像以上に美味しく、幸せな気持ちになりました。
(デジマグラフは、みんな美味しい料理が大好きなので、
料理に関しては話す方も聞く方も真剣です。)

料理はもちろん、合わせた器も素敵。
皆とくに、りんご入りの酢豚がお気に入りでした!

 

佐藤さん、心のこもった料理ご馳走さまでした。
またお邪魔します!

 

駅近でアクセスもばっちりなので、
みなさま武雄に行かれた際はぜひ立ち寄られてくださいね。
(ご予約をお忘れなく!)