小学校でリレー漫画した話【前編】

こんにちは。羽山です。

お家でネットを見ているという方も多いと思い、ちょっと時間が経っているのですが
楽しんでいただけたらいいなと思い更新しています。

昨年、秋のこと。
波佐見町の南小学校で職業体験のワークショップ
「わくわくワークデー」に参加しました。

2回目の参加です。

1回目は、ロゴマークを作り名刺にするワークショップを行いました。
すごく可愛い名刺ができていたのですが、時間的に厳しくて「交換をする」という
目標まで至りませんでした。
そこで、内容を変えて2回目に臨みました。

テーマは「みんなの力を合わせてリレー漫画を作ろう!」です。

いやいや、仕事で漫画描いてないやん?と言われてしまいそうですが

この仕事はチームワーク。

絵が得意な人、お話考えるのが得意な人、びっくりするアイデアを出すのが得意な人が
ワイワイ集まって仕事をしていることが多いなぁと思っています。
そうきたか〜、じゃあこっちはこうだ!みたいなこと、ありますよね。

リレー漫画もその要素があるんじゃないかと。

8つの空白のコマを、4人で順番に描いて埋めていき、8コマ漫画を作ります。
1つの漫画で、自分が描けるのは2コマだけ!
直前のコマがどうなるかは、手元に来てみないとわかりません。
自分が描いたコマが、次にどうなるかもお任せです。

4人のグループを4つ作り進めていきました。
8コマなので、2周して完成。
合わせて16本の漫画ができることになります。

実は僕は高校の頃に友達とリレー漫画をしていました。
デザイン美術科なので、みんな絵は得意です。
すごく楽しかった思い出があるんです。

そのこともあって、もう一回やってみたいなぁ、
小学生のリレー漫画を見てみたいなということでやってみました。

1−2の教室を割り当ててもらい
小学生の心をつかむべく、ほとんど読んでなかった鬼滅の刃なんか黒板に描いたりして。
(※今は拝読済。アニメも観ています。)第一印象で好かれようと心がけました。

1年生から6年生まで、集まってくれましたよ!
ちなみにワークショップ内容は事前に公開され、第一希望から第三希望までを
描き込む形になっているそうです。

第一希望で来た子はどの子だろうと忖度しそうになるのをこらえ、始まりました。
全員第三希望だったらどうしようとかも正直思いましたが、その辺りは伏せられています。

みんなにご挨拶をして、そのあとはリレー漫画の説明。
こちらの資料を配布しました。

●「入学式」① ※右から縦に読んでください

●「入学式」②※右から縦に読んでください

この資料は、高校時代に実際に描いたもので友人の小川くんが保管しておいてくれたものです。
送ってもらいました。(ありがとう!)他にもたくさん送ってもらいました。
高校生ならではの展開もあって、懐かしかった。

他にも高校生のアホなリレー漫画を見たい方はこちら〈高校生のリレー漫画〉をどうぞ。入学式の他に2話、合わせて3話が見れます(PDFで開きます)。

プラス、以下の資料も配布。
紙とペン、ふたり以上がいればできるので
おうちでやってみてください。

●説明用

1コマ目を描くのが一番難しいので、キャラクターのヒントなども。

1コマ目は、みんなタイトルにも苦戦していましたが、
話の流れはこの後の人に任せないといけないから、自由に考えてテキトーに描いてもなんとかなるよ、と言うとサクサク描いていました。
子どもたちは自由でいいです。

その、自由なリレー漫画は、後編で。

武雄市へ

みなさんこんにちは、
スタッフの大久保です。

 

今週月曜、
いとう養鶏場さんの打ち合わせに参加するため、
武雄市まで行ってきました。

この日はいとう養鶏場さん、
ビープラストの皆さんと一緒に、
加工食品についてのブレストや、
催事ブースのイメージについてなどをお話しました。
いとう養鶏場さんから参加されていた、
たいきさん、あやかさんはお二人とも同世代なのですが、
事業をよくすべく、いろいろなことにチャレンジされていている真っ最中です。

打ち合わせの中で出た、卵の選定の基準など、
伺う話すべてが普通に生活していたら知ることができないことだらけでとても興味深かったです。
(そんないとう養鶏場さんの日常は、
web内にある「養鶏場にっき」から見ることができます。)
↓↓↓
http://ito-eggfarm.com/

 

そしてもう一つ、
武雄市といえば、貴靖さん。

オーナーシェフ佐藤さんこだわりの
地元で採れた素材を活かした料理がコースで楽しめる中華料理店です。
デジマグラフでは
ブランディングをお手伝いをさせて頂きました。

以前から、
羽山・村川より細かく料理の感想を聞いていたので、
割とイメトレはできていたつもりだったのですが、
素材を活かした味つけが想像以上に美味しく、幸せな気持ちになりました。
(デジマグラフは、みんな美味しい料理が大好きなので、
料理に関しては話す方も聞く方も真剣です。)

料理はもちろん、合わせた器も素敵。
皆とくに、りんご入りの酢豚がお気に入りでした!

 

佐藤さん、心のこもった料理ご馳走さまでした。
またお邪魔します!

 

駅近でアクセスもばっちりなので、
みなさま武雄に行かれた際はぜひ立ち寄られてくださいね。
(ご予約をお忘れなく!)

2020年もよろしくお願いします

年が明けて1週間が過ぎました。
今年は、会社としてのお年賀の代わりに、
2020年のご挨拶として、こちらに掲載させていただきます。
(お年賀をくださったみなさま、ありがとうございます!)

それぞれ、1年の振り返りや抱負など。
そして、移動中によく聞いているおぎやはぎのラジオ番組を真似して
2020年のヒット予想をしてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

羽山 潤一 はやまじゅんいち

今年の目標は「変化」。
デジマグラフを村川と立ち上げてから9年目。
一昨年には、今までの仕事をまとめたBOOKを作成しました。
デジマグラフはお客様の声をお聞きし、
クライアントさんの価値「らしさ」をクリエイティブでサポートしてますが
自分たち自身の事となると、「らしさ」の表現を
出来ていないのではないかと、最近、思うようになってきました。
弊社よりも面白そうに、「らしさ」を発揮し
楽しく変化していくクライアントさんたちに、大変、嫉妬しております。

来年で10周年ですし、厄も明けるし、
楽しく、面白く変化できる年にしていきたいと思っています。

2020年はオリンピックイヤー。
1年を通してスポーツが盛り上がっていくこの年に
個人的には「フィジカル」を変化していく年にしていきたいです。

<2020年ヒット予想>
台湾のビール
サンマイ ハニーラガー。マジうまい。昨年の夏に台湾2泊3日の旅で
偶然出会った、サンマイ ハニーラガービール。夕食、台湾のビールが飲みたくて注文。
出てきたら、ジャケットがこれまた、かわいい。
SUNMAIのロゴである黒色の「三」がラベルにデカデカと配置され、
ロゴの周りには蜂蜜のイラストと背景にはターコイズブルーのベタ。
この色が効いている。美味しそうにもほどがあるラベル。
味もほのかに、蜂蜜の香りがしてとても美味しい。。。
これはヒットするやろ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

村川マルチノ佑子 まるちの

昨年後半から、ムービーの仕事を受注させていただいています。
あまり器用じゃないので、デジマグラフが落ち着くまでは
仕事の範囲を限定すると決めていました。
数年を経て今の体制に落ち着き、
何より、大久保さん、小川さんがいろいろと助けてくれるおかげで
考えたり作ったりする時間が増えてきました。
加えて、それぞれの素晴らしいスキルを出してくださる
チームのみなさんのおかげです。
これやりたい、あれやりたい、と言える今の環境にありがたみを感じながら
2020年は社内で許される範囲で我を出していきたいなと思います。
よろしくお願いします。

—–movie works——-
ムービーのご依頼ありがとうございました
TAKUHO  TVCM
崎永海運株式会社    WEB CM
オリエントアイエヌジー  TVCM
マイメンいつメン WEB CM(代理店:西広)

ちなみに監督は全部、渋江修平監督です。
従兄弟として長い付き合いがありますが、
最近はがっつり一緒に仕事ができていて嬉しいです。
親たちはもっと喜んでます・・・。

<2020年ヒット予想>
真剣に当たりを狙って二つ考えてみました。
①ハイテクスキンケア②男性のメイクです。

①選出の理由は、資生堂の、肌と同期するスキンケア「オプチューン」。
こちらを好奇心で使ってみた!という人が結構いるから。
ITとスキンケアのブランドが一般的になりそうな気がします。
月々1万円で、そんなに高くないのもいいですよね。
肌状態に合わせて使うものを複数揃えている人も少なくないと思うので
そういっためんどくささからも解放されそう。
出張の時に持っていけるキッドが出るとさらにいいな・・・。
ニーズは少ないのだと思いますが。

②選出の理由は、今使っているTHREEというブランドから
ジェンダーレスメイクアップのラインが出ていて
普通にいいなと思ったし、男性がネイルサロンでネイルの手入れを
するのと同じ感じで定着しそうな予感すら感じさせます。

①はモニターの声が20〜30代だけなのが不安ですが、
スマホを新しくしたら使ってみたいです。
(スマホアプリで肌のコンディションを確認する仕組みだから)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大久保 舞花 おおくぼ まいか

公私共に、人の思いを正しく受け取り、自分の考えもしっかり伝えられる一年にしたいと思います。
実際に年明け以降、通常時に比べて150%のコミュニケーションを心がけ過ごしているのですが、
意外に大変だな、、と早々に心が折れかけているので、
自分を駆り立てる意味でもここに書き残しておこうと思います。
第一目標は、大久保さんって本当分かりやすい人だよね〜(人生初)と言って貰えるようになることです。

<2020年ヒット予想>
パーマヘア 最近パーマをかけまして、
そこで新たに気づいたメリットが以下です
◯スタイリングが簡単
(今のところショート時より簡単です)
◯耳当てをしているような守られている感・安心感がある=癒やされる
◯なんでかすこし陽気に見える
私のようにこれらの魅力に改めて気付く人が増えて、
パーマヘアいいじゃんと思う人が、今年は増えるんじゃないかなと思いました。
※かなり個人の意見です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小川 美紀 こがわ みき

2020年のマイテーマは「循環」。
年末に足裏マッサージを受け、
人生初めての激痛を経験しました。
慌ててマッサージローラーを購入し
乗っかってゴリゴリやっております。
滞らせないって大切だなぁと実感中です。
カラダはもちろんですが、
考え方やアイデアも、適度に新しいものを取り入れ、
取捨選択して流しながら
頭の中もスッキリ循環させたい!と思っています。

<2020年ヒット予想>
最近(個人的に)やたら目を引く蛍光カラー。
しばらく前からトレンド入りしてましたが、
2020年さらにヒットするのではないかと予想してます。
これまでは、あまり得意でない系統の色だったんですが
アクセントに蛍光色が入ってると、とっても可愛い!
ファッションアイテムよりも、書籍の表紙やカードなど
蛍光色を取り入れた紙媒体系のデザインに注目してます。

大試食会in東京

 

みなさんこんにちはスタッフの大久保です。
今回は遅ればせながら、
10/5に東京で行われた
“島原手延素麺の試食イベント”の様子をレポしていきたいと思います。
よろしくお願いします。

イベントが行われたのは、
「スペース六本木」という六本木駅出てすぐの場所。
半野外になっていて、たくさんの人が目の前の道を行き交います。

この日は、
◯アレンジレシピの試食
◯サンプリング(SNSフォローで素麺2束プレゼント)
◯素麺販売
◯レシピカードの配布
が行われました。

(PVに登場してくれているエンジェルズも参加!)

(時間ごとに別のメニューが食べられました。)

(試食スペースの様子。)

 

当日の東京は、
10月と思えないほどの暑さが続いていて、
この暑さの中、どのくらいの方が足を止めてくれるんだろう、、
と少し不安な気持ちになりつつ会場へ。
(不安ゆえに10時からのイベントに無駄に5時起き。)

実際は予想に反して、
試食の列が途切れないほどの大盛況。
とくにラストにご提供した
グリーンカレー素麺は
「不思議なアレンジだね〜!」と、
お客様が驚きつつ喜んでご試食いただいてることが伝わってきました。

(詳しいイベントの様子は、
私が初めて駆使したため少々ぎこちない
インスタのストーリーをご覧ください。)

(素麺エンジェルズこと、あやかんぬちゃん(左)、アリーチェちゃん(右)。根本的なかわいさ。2人のファンの方も試食会へ沢山いらっしゃっていました。)

 

当日は、
1日中写真を撮ったりしつつ現場を見させていただいたのですが、
スタッフの方やエンジェルズの2人は、
暑い中に野外に立ちっぱなし、
声出しっぱなしにもかかわらず、
丁寧な対応で、最後まで笑顔で素麺をPRされていて、
素直にすごいなと思いました。
デジマグラフのクライアントさんでも、
催事や展示会に出店されれてる方が多くいらっしゃるのですが、
実際にこういったイベントに参加してみて、
そのクライアントさんたちの気持ちを、
ほんの少しだけでも感じることができたような気がします。

また個人的には、
デザインで関わらせていただいたグッズや展示ツールが、
実際どう見えるのか、使い勝手はどうなのかなど、
データ上では分からなかった気づきも多くありました。
この点も反省しつつ、次回に生かしていきたいと思います。

 

話はかわりますが、
イベントの前後はお休みをいただき、
ギンザ・グラフィック・ギャラリーで展示を見たり、

(足元のスイッチを踏んでコンセプトや解説を見る展示スタイル。)

 

G8で開催されていた、
グラフィックデザイナーの有山達也さんの
音についての展示を見たりして過ごしました。
(いつ行っても東京はたのしいですね〜。)

G8ではタイミングよく、
有山さんご本人もいらっしゃっていて、
お話までしてくださる神対応、歓喜。
(多分私が100回くらいチラ見したせいです。)

有山さんは東京を拠点とされながら
九州に関する冊子も多く担当されているのですが、
それらはぜんぶ自分で候補地を回られて選ばれてるとこのとでした。
大ベテランである有山さんがそうするなら、
新米デザイナーである私はもっとちゃんとせねばなと、、。
頑張ってと言っていただけたので、頑張ろうと思います!(単純)

 

さて、
想定の2倍ほど記事が長くなってしまいましたが、
これにてレポート終了です!
最後までお付き合いいただきありがとうございました。